冷え性にぴったり。温活できる「ヒハツサーモ茶」が新発売

男性に比べ筋肉量が圧倒的に少なく、ホルモンも影響してか、冷えに悩む女性がとても多いと言います。手足の冷えによって、なかなか寝付けず睡眠不足を引き起こす女性もいるそうです。

ブレンドティー

そんな女性にぴったりの温活対策グッズが製薬会社から発売されます。どのようなものなのか見ていきましょう。

製薬会社から登場。「ヒハツ」を使用した温活対策ブレンド茶

女性は男性と比べ、筋肉量の違い、また女性ホルモンによる影響で冷えを感じることが多いそうです。約7割の女性が冷えに悩んでいるとも言われています。特に指先や足先などの末端部は冷えがひどく辛いですよね。

冷えは体の隅々まで血液が流れていない血行不良によるものや、自律神経の乱れなどさまざまな原因で起こります。そんな冷えを改善するお茶が登場したそうです。

注目の健康食材「ヒハツ」成分を配合 毎日の温活をサポート カラダ、巡る、温まる「ヒハツサーモ茶」 10月30日(月)新発売」(@Pressより)

大木製薬から発売されたこのお茶は、注目の成分「ヒハツ」を使用した、温活サポート茶だそうで、冷えが気になる女性をサポートしてくれるアイテムになりそうです。

ヒハツサーモ茶

  • 60g(2g×30包)
  • 価格:1,200円(税抜き)
  • ヒハツ・ショウガ・紅茶・シナモン・青ミカンの5つの温活成分を配合
  • シナモンと青ミカンのあまい香り
  • 手軽なティーバッグ方式で3~5分抽出

 

ヒハツってなに?

冷えに効くとして、注目されているヒハツですが、ヒハツとはどのようなものなのでしょうか。もともと東南アジア地域に分布するコショウ科の植物で、古くから香辛料のみならず、薬としても活用されてきました。日本でも沖縄では、料理の薬味として馴染み深いものです。

ヒハツの冷え症改善効果はとても高く、テレビなどのメディアでも毛細血管を生き返らせる成分として特集が組まれたこともあるんです。

体中にある毛細血管は栄養成分は酸素を全身に行き渡らせる働きと持っています。ですが、年齢や生活習慣などで、数十%消えてしまうとも言われています。そんな消えそうな毛細血管を修復、回復させてくれます。

まとめ

製薬会社が開発した「ヒハツ」を主成分とした冷え性対策茶が登場しました。

ヒハツはコショウ科の植物で、昔は薬としても活用されていた有効成分。ヒハツ以外にも計5つの温感成分を配合した温活サポートブレンドティーです。

新陳代謝をアップさせ、体の巡りをスムーズにしてくれます。寒い季節、冷え性の女性にぴったりのアイテムですね。

カテゴリー: ナビナビ パーマリンク